進化するスキンケア|サイクルプラスで成長因子にアプローチ

レディー
  1. ホーム
  2. 保湿性を考えて選ぶこと

保湿性を考えて選ぶこと

女の人

低刺激で無添加のもの

アトピー性皮膚炎の方は自然派化粧品を選ぶ傾向があります。無香料、無添加、防腐剤を排除した化粧品は肌に優しく、負担をかけません。アトピー性皮膚炎の肌は皮膚の表面にある角質層のバリア機能が低下しています。それを補いながら皮膚全体に水分を与える化粧品が支持されています。オーガニック化粧品も定着し、使用者が増える傾向にあります。皮膚科医が監修した化粧品は信頼度が高く支持されています。アトピー性皮膚炎といっても様々な種類があります。皮膚の状態に合わせて選ぶことの出来る製品は口コミのランキングサイトで上位に入ります。どの商品も肌を守り、潤いを保つタイプの低刺激商品。皮膚に優しくトラブルを起こさないことが人気の理由です。

保湿で症状が改善

上手に化粧品を選ぶことで、アトピーの症状は改善します。肌のバリア機能が回復すれば、外界からのアレルゲンの侵入を防げます。そのため、赤みやかゆみ、発疹などの症状が出にくくなるのです。保湿性の高い化粧水やジェルは上手に使いましょう。低刺激、無添加を謳った化粧品であっても、初めて使う場合には必ず、二の腕の裏側でパッチテストを行いましょう。その部分は身体の皮膚の中でもデリケートです。二の腕の裏で症状が出なければ顔に使用しても問題がありません。テストする化粧品をつけた状態で1日は経過を見ましょう。万全を期することでアトピーの悪化を未然に防ぐことができます。アトピー用の化粧品は上手く使えば、症状の改善を助けます。しっかりと選びましょう。